ブログ

6月15日、株式会社オレンジマート様より寄付金の贈呈を受けました。

(株)オレンジマート様は地域で環境保護などの活動を行う団体を支援されており、スーパーマーケットでのレジ袋の収益を全額、寄付金に充てられています。
 H28年度より、毎年私達の活動を寄付金でご支援くださっています。私達はこれからも富山の森とこども達がつながるように、親子でたくさんの自然体験ができるよう活動していきたいと思います。
 株式会社オレンジマート様へ心より御礼申し上げます。

今日のこども園は、ねいの里を飛び出して呉羽山公園へ。桑の実取りに集まりました。
おやつを食べたらさあ出発!
 あっちの木のほうがあまいよ!とかいろいろ情報がとびかいつつ、公園散策を楽しみます。
 お昼は久々にポットラック。1品持ち寄るだけでごちそうになるから不思議です。
このあと月謝袋を作ったり、ザリガニ釣りにちょうせんしたりして気持ちのよい一日でした。

6月2日(土)に今年度、第1回目の里山さんぽが開催されました。
(主催:富山福祉短期大学 共催:富山森のこども園)
 
 お天気もよく、とてもすがすがしい森のお散歩となりました。
今回のテーマは「草花レストラン♪」。
お花や、葉っぱ、木の実などを、お皿に盛り付けたり、バンダナバックにそっと入れながら歩きます。

コックさんに変身した、子供たちは、お父さんやお母さん、富山福祉短期大学の学生さんたちと、一つひとつ吟味しながら選んでいました。
いろんな形の葉っぱがあること、下に落ちている花を見つけてどこから落ちてきたのかな?などなど、子供たちはいろんな発見をしているようでした。
囲炉裏小屋に到着し、いよいよレストランの開店です!
お皿に盛り付ける表情は、大人も子供も真剣そのもの。


チェキで記念撮影の後は、マシュマロ焼き。
焚き火の火にちょっぴりドキドキしながらも、とろ~り甘いマシュマロに、笑顔もとろ~んとこぼれ落ちていました。




たくさんの親子といっしょに、森で楽しい時間を過ごしました。
ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。


次回の里山さんぽは7月14(土)テーマは「いきものみっけ♪」です。
親子で初夏の森にでかけませんか?
参加者受付中です!詳しくは募集記事をご覧下さい。



森であそぼう!「里山さんぽ」第2回 射水市民限定 参加者募集 満員御礼!

7/12 満員になりましたので申込受付を締め切りました。
第3回は10/20(土)に開催いたします。

親子で自然の中に出かけましょ。
子ども達は凸凹道を歩いたり、小さな美しいものを見つけたりが大好き。
今回のテーマは「いきものみっけ♪」
森であそんでいろんな発見しましょう。
(このイベントは「射水市公募提案型市民協働事業」のため、対象は射水市民のみで
す。)
第1回の様子はコチラ



日時:7月14日(土)集合:9時30分 解散:12時頃(雨天決行)
   (プログラムの詳細は後日アップします。)
対象:いずれも射水市在住、在学、在勤
   ①3~5歳児親子(およびその兄弟) 定員20組40名程度(先着順)
   ②幼児の自然体験や森のようちえん教育に興味のある
    幼稚園教諭、保育士、学生   
場所:富山県自然博物園ねいの里(富山市婦中町吉住1-1)
   アクセスはこちら→http://www.toyamap.or.jp/shizen/access.html
申込フォームはコチラ
参加費:1人500円(大人、子どもとも)
   (兄弟の3才未満児は無料)
申込み:申込フォームに記入→クリック       
    右のQRコードからも送信できます。
    または下記Eメールへご連絡ください。
問合せ先:
●富山福祉短期大学 幼児教育学科藤井研究室
 0766-55-5567
●富山森のこども園
 toyama.morinoko@gmail.com
 または090-9541-8933かねさき(平日9-17)まで
 Eメールでの申込は参加者全員の氏名、子どもの年齢、連絡先をお知らせください。
主催:富山福祉短期大学 共催:富山森のこども園


(H30年度射水市公募提案型市民協働事業)

24日のようちえんは、
八尾町の『がうん天蚕の会』にお邪魔して、
山付けを体験させて頂きました。
山付けとは、カイコの卵を餌になる
クヌギの枝につけること。


紙に卵が20個ずつ貼ってあります。


ホチキスで枝にパチン。


一週間ほどで幼虫がかえり、ムシャムシャと
クヌギの葉っぱを食べるんだって。

とてもきれいなミドリのカイコさんだそうです。


そのあとは、八尾ゆめの森ゆうゆう館へ
移動してのびのび遊ぶ。


先週植えたひまわりも芽を出していました。



6歳のお友だちのお誕生日会もしましたよ。
ケーキが乗っている台は、
なんとその子の手作り。
トンカチ、トントン頑張っていました。


6歳のお兄さんは凛々しいなぁ。