ブログ

暑かった夏休みも終わり、
ようちえん部の2学期がスタート。

子供19人、大人15人と賑やかに始まりました。

まずは、8月・9月うまれのこびとさん達のお誕生会。それぞれのおかあさんに、こびとさんがうまれたときのことをお話ししてもらいました。毎日、忙しく過ぎていくなか、子供がかけがえのない存在であることを再確認できました!





そのあとは、炭焼き小屋までお散歩。ドングリを拾ったり、鳥の声に耳をかたむけたり。

炭焼き小屋では、『ゴッドアイ』を作りました。インディアンのおかあさんが、こどもへのお守りとして作ってあげるものです。
枝はそれぞれ「土・火・水・空気」を司り、中心が神の目=ゴッドアイで、「未知の物を見通す力をもつ」という意味があるそうです。
意味を知り、背景を知り、丁寧に向き合うことは、人生の糧になりますね。
森のこども園では、そのような活動を大切にしています。


       

さあ海です。
天気は良く、大きな子達はせっせと泳ぎます。
小さい人達は海が怖いからビニールプールでちゃぷちゃぷ。

 誕生日会はさながら沖縄のウェディングのよう…富山ですが。
 そしてスイカ割り!スイカひとつで大騒ぎです。

ヤドカリにも会えたしね。

毎年恒例♪森は海の恋人。
というわけで明日は森のこども園、海へおでかけです。

*重要*
にちようこども園は、夏休みのため
今月は明日木曜の海のこども園にかえさせていただきます。
(今回公開前に定員いっぱいになってしまいましたので募集はいたしておりませんm(__)m)

来月のにちようこども園はねいの里で流しそうめんを予定しています。

夏、楽しみましょう!




7月14日(土)に今年度、第2回目の里山さんぽが開催されました。
(主催:富山福祉短期大学 共催:富山森のこども園)

今回のテーマは「いきものみっけ!」。
虫かご、虫あみを持って準備ばんたんのこどもたち。
観察カップを持ち、いきものビンゴカードを首から下げて、出発!
さてさて、ねいの里にはどんな、いきものがすんでいるのかな?
「アリいた!」「あ、とんぼ!」「カマキリ!」「くも!」「これなんだろ~~?」
命との出会いに、こどもたちの目は、きらきらと輝いていまいた。
森の中を散歩し、蓮の池に到着。
事前に池に仕掛けておいたワナを、学生さんにもお手伝いしていただき、引き上げてみると…いました!いました!「トウヨシノボリ」と「ミナミアカヒレタビラ」。
(注!ねいの里では生息域外飼育されており、許可を得てワナを仕掛けていただきました)
今回のお土産、いきもの缶バッチのガチャガチャをして、最後に、森のいきものの声、音に耳を澄まし解散となりました。

暑さに負けず、たくさんの親子といっしょに、森で楽しい時間を過ごしました。
ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。
 次回「小枝のパチンコづくり♪」は10月20日(土)に開催いたします。
お申込みはコチラ
またはメールでご連絡ください。

2018年6月21日  ようちえん部

ジャジャーン☆第30回「全国森林レクリエーション 地域美しの森活動コンクール」において受賞☆

全国で15団体が受賞し、「富山森のこども園」は奨励賞をいただきました。
これまでの12年間の活動を評価していただき、感謝いたします。
こどもたちと、森でお祝いしました。