ブログ

今日は、楽しみにしていた、ノリチェルせんせいの里山さんぽの日。

事前のお知らせで、内容は秘密。
用意するものは、いつもの荷物と、バンダナ、そして、わくわくした気持ち。

バンダナも何に使うのか明かされていなかったので、それを想像しながら用意するのもまたわくわく。


まずは、いつもの場所に集合し
いつもの歌とおやつから。


次は絵本の時間

虫に食べられた後、面白い形の葉っぱたちのおはなし


そして、ノリチェル先生がこの日の朝見つけて持ってきた葉っぱ。
面白い形に穴があいているのですが、さて、虫さんはどうやってこの葉っぱを食べたでしょうかクイズ。

何気なく見ているものでも、知らない事ってたくさん!


そして、いつもの森へ。

今日の持ち物のバンダナは、四隅を2つずつしばって、ふんわりやさしい形のバッグに変身。

あとで使う葉っぱを集めてその中に入れながらのお散歩。


葉っぱのお顔を探しながらのお散歩は、いつもと同じ道なのに、いつも素通りしてしまう場所も、きょろきょろしたり、じーっと見たり、いつもと風景が違って見えて、いつもは気づかなかったたくさんの虫さんに出会えたり、発見も多い時間。


集まったみんなの顔たち。
いろんな表情でどれもかわいい。


それを、ぺたぺた枠に貼っていきます。

いつもは、星を折っているあの紙を、ちいさく切って飾りに。


森のミュージアムの出来上がり

ひかりが透けてとてもきれい


これぼくの!


森のご馳走
もみじいちご


ほんのり甘く、甘酸っぱい味

ここにもあったよ、ここにも!

たくさんみつけたよ。


最後の絵本は、びっくり面白いお話で。
みんな、あははと笑いながら。



いつもの森で
いつものみんなと

いつもとちょっと違ったおさんぽの日

また、来週、またいつもの森でね。

                (TくんHくんかあさん)


今週はいつもの森でゆっくりおさんぽ

よいお天気で森日和


そこからそれぞれ炭焼き小屋へ


ついたら火起こし


うまくついたかな


ハンモックであそんだり


木登りしたり

小さい子たちは何してるのかな



自分より小さい子の手を取って


水の中も楽しいな

虫もたくさんつかまえた

めいっぱい遊んで
お昼も食べて
またいーっぱい遊んだあとは
えほんの静かなじかん




みんなおすわりして耳を澄ませて



こびとさんたちもかあさんたちも楽しそう

いつも森は楽しくて優しいね

現在、コロナ感染拡大防止のため、ようちえんはお試しの受付を休止しております。ステージ1になりましたら、お試しを再開します。

(MちゃんNちゃんかあさん)


木曜森には2年近く行っているのに、日曜森は初めて!
なのに出発して15分たってから財布を忘れたことに気づいて引き返し、集合・ご挨拶・おやつの時間に参加できませんでした…。

初めて会う親子、おお、このファミリーのお父さんはこんな人なのか!など、新鮮!

さてさて、今日のイベントは火おこし。
板の上で棒をギリギリやると煙が出てくる、あれです。


最初は子どもたちがやってみましたが、これがなかなかたいへん!


後半は大人たちが真剣でした。

弓を押し引きする形のものや、ヨーヨーのように戻ってくるものなど、大昔の人がやっていたよりよほどやりやすく改良されているはずなのですが、見るとやるは大違い。


やってみるとなかなかスムーズにできません。


炭焼き小屋の囲炉裏はばっちりスタンバイしているのですが…。


みんなが諦めても頑張り続けたお父さんがついに成功しました!
今日のヒーローです!



おかげでお湯を沸かして汁物を食べることができました。


隣にある燃えている牛乳パックはサンドイッチが入っています。
こうするとサンドイッチが温かくなるんだそう。
キャンプご飯の定番(カートンドッグという名前)だと教えてもらいました。
今度やってみたい!
森に来ると、外ご飯の工夫がたくさん知れて楽しいです。

それにしても、火を作るって思っていたよりずっとたいへんでした。
太古の時代、きっと火を作れる人は尊敬されたいせつにされていたことでしょう。
そして改めて、今日火をつけてくれたお父さんに感謝です!

                       (Rちゃんかあさん)


今日は、しとしと
雨の森。

博物館のなかで、おり染めをしました。


まずは、絵の具にお水を混ぜて。
綺麗なお水の出来上がり。



折った和紙をつけると~



優しくってカラフルな和紙の出来上がり。

どんな模様になるか、ワクワクしながらの時間。
楽しかったねー。


雨の合間、緑がぐんぐん育つ森で

今週の森のようちえん


先週田おこしした田んぼに、今日は早速田植えをします。


ころころころ 
何をしているかというと

木の枠を転がし、苗を植える目安をつけていきます。

さぁ、植えていこうという頃
気になるけれど、おっかなびっくりのどろんこの田んぼ
小人さんたちがちょっぴり尻込みしているのでまずは母さんたちが始めてみると


じーっと見ている子
外側から手を伸ばして植え始める子
苗を手に持ってみる子
母さんと一緒にころころしてみる子
母さんと一緒に田んぼの中を歩いてみる子
田植えではなく田んぼの中の虫探しをする子
誰かの汚れた長靴をこっそり洗ってあげながら待っている子



田植えの日だから、みんなで田んぼに入って、並んで田植えしましょう!ではなく
それぞれのペースで、自分の好きな形で、どろんこと、田んぼと近づきながら
ゆったりと楽しむ時間。


ちなみに、わがやの小人さん
ちょっと田んぼに入ってみて、長靴が汚れたからもうやめたい
なんて言っていたのに、裸足なら大丈夫と

裸足でズンズン歩き回って、服も顔も泥んこになって
楽しんでいました
小人さんには小人さんなりの
理屈とリズムがあるのですね


田植えの後は、虫取りをしたり
絵本を読んだり


気持ちの良い森の一日を過ごしました。

現在、コロナ感染拡大防止のため、ようちえんはお試しの受付を休止しております。ステージ1になりましたら、お試し再開いたします。

                    (TくんHくんかあさん)