ブログ

今日の森には、父さんも来てくださいました。
母さんたちとはまた違った視点で関わってくださるので、自然とこびとさんが集まってきます。

何か発見!


なんと鹿のウンチでした。
この後、鹿のウンチを燃やしたらどうなるの?と、こびとさんのひらめきで実験が始まりましたよ。


小さなこびとさんが、焚き火の煙を不思議そうに手で触ろうとしています。それを見つめる優しい母さんの眼差し。


ほっこりかわいい女子会も♡


風が吹くと落ち葉がヒラヒラと舞い降り、秋の深まりを感じながら、野菜の甘味が溶け出した美味しいお味噌汁で身体を温めました。


アドヴェントで使用するろうそくも作りました。


兄さんが小さい子の指先に、自分が捕まえたトンボをとまらせてあげようとしています。


今日も森の仲間たちと
かけがえのない森の時間を楽しみました。
帰りの車の中で1日を振り返りながら、本当にありがたいなーとしみじみ…

体調管理が難しい時期ですが、身体を大切に。
また森で元気に会いましょう。

                 (HくんUちゃんかあさん)


先月みんなで稲刈りした稲。
すっかり干されて、
次の作業を待っている。


お天気との兼ね合いで、
金曜日の脱穀となりました。

お兄ちゃんお姉ちゃんたちは、
幼稚園や保育園。

ちびっここびとさんたち、
とっても頑張ってくれましたよ。





お天気と相談したり、
からだを動かしたり、
お米一粒一粒のありがたみが、
とてもよく分かります。

今年はみんなでお餅つきできるといいな。


お天気がよく、のんびりお散歩の日でした。


おやつ、焚き火、お味噌汁と、久しぶり尽くし!

おやつはおはぎ。中にお芋も入っているスペシャルバージョンでした。


集合場所の博物館から炭焼小屋までのお散歩は思い思いに歩きます。小さい子を抱っこして最短ルートを行く人、いつもより遠回りして宝物探しを楽しむ人。

炭焼小屋に着くと、お当番は火起こしをしつつ、みんな虫取りをしたり田んぼまでお散歩したり、ハンモックで遊んだり。




森に来始めた時うちの子は1歳過ぎで、室内なら自分で歩いて動き回れるくらいでした。
コミュニティーセンターや開放施設に連れて行くと、歩きまわって新しいおもちゃに目移りしてどんどん手を伸ばすので、持っていた子どもとお母さんに謝って、という感じで、とても疲れたの覚えています。
森は広いので、興味のままに進んでも人のものを取らずに遊べて、親の気持ちがとても楽でした。
毎週会っているうちに他の親子とも少しずつ親しくなり、親子ともども気楽に話せるようになりました。
それともう一つ、「森に行く」と思うと汚れることがどうでもよくなって、泥んこの水たまりに入るのも、くっつき虫まみれになるのも、「どうぞやりたいように!」という気持ちで受け入れられるのもよかったです。

久しぶりのお味噌汁、とっても美味しかったです。


絵本はみんな大好きな『はらぺこあおむし』に、絵本そっくりなフェルト製の手作りフルーツ付き!


それぞれのフルーツを手にした子どもたち。
あおむしが食べるのに合わせて読み手のお母さんに届けることに目を輝かせていました。

                          (Rちゃんかあさん)


コロナも落ち着いてきて2ヶ月ぶりの待ちに待った活動再開でした。


久しぶりに見た子供達は少し大きくなっていて、遊べることやれることも大きく成長していました
赤ちゃんだった子が先輩になり、また初々しい赤ちゃんが仲間入りしてとってもにぎやかなこども園です!



久しぶりにゆっくり過ごしたいつもの森は木漏れ日がとてもきれいで子供達を優しく包んでくれています。


今週はお誕生会です
お話や優しい歌にじっと耳を凝らして嬉しそうに聞いている子供達がとっても愛おしいです。



お誕生日おめでとう

久しぶりにいただいた森のお味噌汁
炭焼き小屋の火、お母さん手作りのお誕生日ケーキ、日常が少しずつ戻ってきたなとしみじみと感動しました。



いっぱい走って、いっぱい発見して
とっても素敵な日になりました。


これから来る秋の景色も楽しみです。


                (SくんUちゃんかあさん)


昨日の秋晴れとはうってかわって朝からざあざあと雨の音。それでもとりあえず荷物をまとめて森へ。
いつもの場所で久しぶりの仲間と合流すると、子供達にとっては雨より遊ぶことで忙しい様子。やっぱり連れてきて良かった。いや、子供がいるからこそ頑張って来れるからありがたいです。


カナヘビと思いきや、アカハライモリ。カナヘビよりゆっくりで、手のひらにのせるとかわいいですよ。


今日のテーマは「森の色集め」緑深い森のそこかしこに実りの彩りが隠れています。


父子参加の方もおられます。
嬉しいことですね。そして少し羨ましい。


実は森のこども園ようちえん部は夏休みからのステージ3で活動を自粛しておりました。火を囲むのは実に2ヶ月半ぶり。一層暖かく感じます。


久々のブランコには列が続きます。カエルを山ほど捕っていた子もいました。


午後の絵本の時間の頃には雨もやみました。来てみるもんです。