ブログ

とても良いお天気の中、脱穀を教えてもらいました。


子供たちは、鉄の櫛のようなものを使って、モミをこそげおとします。


大人は足踏み脱穀機で。しっかり持っていないと全部持っていかれてしまうので、結構大変でした。


おやつはお麩のラスクです。


子どもたちは、虫採りにも夢中。


お花と草の髪飾りをしています。



女の子たちは「はないちもんめ」をしています。



お昼は豆乳スープとポットラックです。


かあさんたちは、お話しに花が咲いています。


絵本は4冊読みました。


ドングリの傘をいくつ重ねられるか大会。


囲炉裏からの煙で、陽の光が幻想的です。

あっという間に季節は巡り、出てくる虫の種類も咲いている花や実の種類も、毎週変わります。自然の変化を楽しんだ、美しい秋の日でした。
                            (Kちゃんかあさん)

『おまけの写真館』
写真家かあさんからの素敵な写真たちです。田んぼの後に博物館に行って唐箕(トウミ)という機械で大きい米と小さい米と選別したそうです。
唐箕(トウミ)
使用年代江戸~昭和中期(約50年前まで)
使い方ハンドルを回して風をおこして、お米とゴミを分けます。上からお米を入れると、重たいお米は下に落ちますが、実っていない軽いお米やゴミは違う所から出るようになっています。








気持ちの良い秋晴れの中、今日も元気に始まりました。
楽しみのおやつは米粉と豆乳だけで焼いたクレープに、
お砂糖を使わないジャムとさつまいもとレーズンのディップ、
チキンジャーキーという組み合わせで、
大人もついお代わりをしてしまう位美味しく頂きました。



そして、炭焼き小屋までお散歩です。
長い木の枝を電車にして進みます!!


炭焼き小屋周辺では、子どもたちがトンボや蛙、草花で遊んでいます。



お母さんはせっせと釜飯とお味噌汁を作ります。
上手く炊けて一安心。美味しく頂きました。



食後にお抹茶と手作りのお茶菓子を頂きました。
秋空の中でのお抹茶は格別です。


最後に子どもとお洗濯の体操と人形劇をしました。


今日も自然いっぱいの中で子どもたちと元気に過ごせて本当に有り難かったです。


                         (Aくんかあさんより)


おやつを食べてお散歩へ。
ドングリ、きのこ、コオロギ、きれいな葉っぱ…秋をたくさん見つけました。


炭焼き小屋に着いたら今日はにじみ絵。
まずは先生のお話を聴きます。
いつもは元気いっばい賑やかなこびとさんたちも、じいっと聴き入ります。


歌をうたったり、布をまとったり。


そしてにじみ絵、今日はかあさんたちも一緒です。


楽しい時間はあっという間に過ぎて行きます。

時おり雨が降る中、お弁当とお味噌汁を食べたあとは、いつもどおり、たくさん遊びました。


森ありがとう、また来週!

                         (Kくんかあさんより)


今日は天気予報が外れて思いのほか良い天気。

あちこちにススキや彼岸花、秋のねいの里です。



まずはおやつにはったい粉のおはぎ。お彼岸でしたしね


森の散歩道にはホオノキの葉の絨毯。


炭焼き小屋で持ち寄ったものを焼いて食べます。

ソーセージや焼き芋が王道ですが、寒餅がきれいでおいしかった!

みんなで具材を持ち寄ったスープを頂きます。



ブランコにハンモック、どんぐり拾いにバッタ取り

今日もたくさん遊んだね。

今日初めてのお母さんと年長さんの男の子。

「息子が虫好きだから、たくさん触れてもらいたくて、友達の友達から聞いて参加しました」

転んで涙もあったけれど、いろんな虫や動物に会えて忙しかったね。また来てね。



気持ちの良い秋晴れの日、稲刈りを行いました。

まずは、ねいの里の職員さんに説明を受け、


いざ鎌を使って、稲刈り開始です。



みんなで刈ったお米は、くくって干します。



裸足で田んぼに入っちゃいます。
どんな感触だったかな。

みんなで刈ったお米でする餅つきも楽しみです。

午後からは、お誕生会。
四人の子ども達のお祝いをみんなでします。




かえるさん達もお祝いに来てくれました。
今回も楽しい時間を過ごせました。

             (HちゃんTちゃんかあさん)