ブログ

梅雨入りし、雨の恵みをいっぱいに受けている森。
この日は、明け方にも雨が降り、しっとりと湿った空気の中スタート。

今日の森は、森の生き物をじっくり観察してみよう。

わが家の小人さんたちもやる気満々の装備で到着。


博物館の裏の池で、カエルが産卵中との情報があり、お散歩開始前にみんなで、そーっと様子を見させてもらいました。


毎年モリアオガエルが産卵するというこの池

雨上がりの湿度の高いこの日の気候が、産卵にちょうどよかったよう。


木の上の白い泡の塊が、モリアオガエルの卵
黄色っぽく変色しているのは、少し前に産卵されたもの


今まさに産卵している姿も見ることができました。
真ん中でメスが産卵して、まわりをオスが取り囲んでいる姿。


モリアオガエルは、このように水辺の上、木の葉などに、卵を産みつけ、卵はこの泡の中でかえり、おたまじゃくしになって、ぽとんと水に落ちて泳ぎ出すのだとか。


そのあとは

博物館で蛇を見せてもらい、ドキドキと触らせてもらったり


ウシガエルの大きなオタマジャクシ!


女の子たちは、シロツメクサの冠作り


虫を捕まえながら、ゆっくりお散歩したあとは、炭焼き小屋で、火おこし。


大きな木にしっかり火を移すため、あーでもないこーでもないと、男の子たちが試行錯誤していました。
普段なかなか出来ない、火遊びの経験。
わがやの小人さんたちも、はじめてマッチに火をつける経験をしました。


さきほどお散歩で、トカゲの一種、カナヘビを捕まえてきた小人さんのお姉さんたち。
このカナヘビ、森のようちえんではよく見かける存在で、子供でも捕まえやすく、捕まえた後も大人しくて、とても可愛い存在。

朝の博物館のお兄さんが、カナヘビを連れてきたら、蛇に食べさせるところを見せてあげるよ。と話していたから、このカナヘビはあとから博物館に連れて行くつもり。と話していました。

生き物を捕まえる、実際に触れてみる。
この森の時間をすごす小人さんたちは、それだけでなく、この森の時間の中で、命が繋がっていくことを、頭ではなく、体験として得ているのだなーなんて思いました。


雨が降ってきたので、炭焼き小屋の中で、絵本の時間。


雨の日の、しっとりとした森にも、その気候ならではの楽しみがありました。


夏休みに入るので、日曜森はしばらくおやすみ。
また秋の森で。


久しぶりの森は緑がより一層濃くなり、紫陽花も色鮮やかに咲いていました。


おやつは瀬戸内海産の煮干しです。


5月下旬に植えた稲も、大人の膝下ぐらいまで伸びており、今日は、砂田さんに田んぼの草取りについて教えていただきました。



器具を前後に動かしながら進むことで、草を取るだけではなく、田んぼの中に空気を入れることができるそうです。



初めての作業に森の母さんたちも興味津々!
泥に足を取られ、器具も重たく思っている以上に大変な作業でした。


草取り後に、こびとさんたちで肥料を撒きました。ぐんぐん大きく育ってね。


その後は田んぼの周りで、虫探し!
トンボやカマキリの赤ちゃん、カエル、カナヘビ、アリ、ダンゴムシなどなど、触ったり捕まえたり、たっぷりと自然に触れ合いました。


紫陽花の髪飾り素敵でしょ♫

草(オオバコ)相撲


5歳児さんたちのあそびを真似て、2歳児さんもチャレンジ!
お兄さん、お姉さんからたくさん吸収してあそびが広がっていきます。



今日も森にこびとさんたちの元気な声と笑い声が響き渡っていました。

来週は、誕生会と七夕飾り作り。こびとさんたちはどんな願い事をするのかな?

            (HくんUちゃんかあさん)


今回の森のようちえんは

いつものねいの里ではなく

呉羽の公園で桑の実取り


よく晴れて気持ちの良い日になりました

木々が豊かなので、ハンモックも沢山かけてゆったりとすごしました


こびとさんみんなで桑の実を探して木登り



たくさんとれて大喜び

その場で食べちゃうこびとさんもちらほら笑

桑の実を探してるかと思ったら


こちらではザリガニ探し


ザリガニもたくさんみつけました

お昼ご飯はいつもかあさんたちの手作り弁当ですが、今回はこの公園の近くのマリーマリーさんのお弁当でした


身体に優しくて可愛いお弁当にかあさんたちもこびとさんも大喜び

桑のみのお土産もって

赤ちゃんのお世話に夢中な女の子たち


最後は絵本を読んでさようなら



ねんねしてるこびとさんもいたね

また森で会おうね

                       (MNちゃんかあさん)


月に一度の森のかあさんたちとの手仕事部

今回はヒンメリ作り


今回はKちゃんおかあさんが講師で



ライ麦を切るところから準備してくれました


大きいものや小さいものも作って組み合わせたら



こんなに可愛いのができました

ヒンメリってヨーロッパでは家族の平和を願って作るとか

結婚式のオーナメントととしても使われているようです

我が家にもヒンメリが増えてきて嬉しいなぁ

こうやって手仕事しながらゆったり過ごす時間がプレゼントだったりします

次回の手仕事部も楽しみ楽しみ

(MNちゃんかあさん)


今日は、楽しみにしていた、ノリチェルせんせいの里山さんぽの日。

事前のお知らせで、内容は秘密。
用意するものは、いつもの荷物と、バンダナ、そして、わくわくした気持ち。

バンダナも何に使うのか明かされていなかったので、それを想像しながら用意するのもまたわくわく。


まずは、いつもの場所に集合し
いつもの歌とおやつから。


次は絵本の時間

虫に食べられた後、面白い形の葉っぱたちのおはなし


そして、ノリチェル先生がこの日の朝見つけて持ってきた葉っぱ。
面白い形に穴があいているのですが、さて、虫さんはどうやってこの葉っぱを食べたでしょうかクイズ。

何気なく見ているものでも、知らない事ってたくさん!


そして、いつもの森へ。

今日の持ち物のバンダナは、四隅を2つずつしばって、ふんわりやさしい形のバッグに変身。

あとで使う葉っぱを集めてその中に入れながらのお散歩。


葉っぱのお顔を探しながらのお散歩は、いつもと同じ道なのに、いつも素通りしてしまう場所も、きょろきょろしたり、じーっと見たり、いつもと風景が違って見えて、いつもは気づかなかったたくさんの虫さんに出会えたり、発見も多い時間。


集まったみんなの顔たち。
いろんな表情でどれもかわいい。


それを、ぺたぺた枠に貼っていきます。

いつもは、星を折っているあの紙を、ちいさく切って飾りに。


森のミュージアムの出来上がり

ひかりが透けてとてもきれい


これぼくの!


森のご馳走
もみじいちご


ほんのり甘く、甘酸っぱい味

ここにもあったよ、ここにも!

たくさんみつけたよ。


最後の絵本は、びっくり面白いお話で。
みんな、あははと笑いながら。



いつもの森で
いつものみんなと

いつもとちょっと違ったおさんぽの日

また、来週、またいつもの森でね。

                (TくんHくんかあさん)