ブログ

朝10時にねいの里博物館前に集合。軽く自己紹介をした後に、おやつタイム。


今日はいつも炭焼き小屋で使用する薪を作ります。

使うのは、ねいの里で伐採された樹木。職員さんたちが伐倒、玉切りをされたものです。

伐倒された直後というのは、いわゆる生木といって水分が多く含まれ、

燃焼効率が非常に悪いです。

薪を炎にくべたときに、切り口から水が泡状に出るのを見たことはありませんか?

この水分を抜くためには、薪は必ず割って、2年ほど寝かせる必要があります。

まずはねいの里にある薪割り機を使ってどんどん割っていきます。


今日は電動の薪割り機、斧のように急に飛んでくることがないので

大人と一緒ならこびとさん達でも薪割りが出来ます。


今日割った薪につける年号の看板を作ってもらいます。

炭焼き小屋まで散策したのち、焚火でお湯をわかしながら

別ルートで運んでいただいた薪を薪棚に収めてゆきます。

せっかくなので、玉切り体験も。

親子で押さえて、のこぎりをせっせと動かします。

せっかくなので、玉切り体験も。

親子で押さえて、のこぎりをせっせと動かします。


この炎のおかげで私たちは普段、少し肌寒くなっても森の活動を楽しむことができます。

森のスープや、お湯を沸かしてコーヒー、焼きマシュマロ、棒巻きパン、ソーセージ、お餅、

挙げればきりがありません。

日々の小さな育児ストレスや悩みも、仲間に聞いてもらってお焚き上げ。

森の活動の心臓のような存在です。

未来の親子たちがこの薪を使う日も、穏やかな一日でありますように。


              (HちゃんNちゃんかあさん)


さてさて、今日はどんな森になるのかな?



天気も良くて、とーっても気持ちの良い日。


みんなワクワクです。


まずはいつもの火おこし。ママがおこした火を見守っています。


今日は4月生まれのお誕生日会でした。

かわいい羊毛の動物たち、

森の仲間に囲まれてお祝いします♪


ママ手作りのクマさんお誕生日ケーキ。

早く食べたいなぁ〜


手作りケーキ&クッキーには

「森の園舎」(栴檀野)のガーデンで摘まれたばかりの食花たちが添えられます。

お花の香りに包まれたお祝いスイーツ。


おたまじゃくし、まだいるかな?

あの音なんだろ?カエルかな?

あ、いた!

うごいてる!


今日はポカポカ、きもちのいい森の時間。


今日は炭焼き小屋で作ったお味噌汁を運んで、

別の高台にある東屋へ。見晴らし最高です。


いろんな可愛い植物が、

ここにも、あそこにも!


ヒメオドリコソウの蜜は甘くて美味しいんだって!


何が見えるかな?


手遊びで大好きなお寿司を作ります。

たまご、いくら♬

みんな想像しながら楽しそう。


春を感じながらの絵本の時間。

森の中での絵本は、

やっぱりいつもと違ってイイ。


手土産にセリを採って、今晩のお夕食に。

採るのも楽しい〜


森のお母さんのセリレシピ、筍と豚の卵とじ。

旬の食材でとても美味しそう!


今日も楽しかったね。

また森で会おうね♪


                 (Gちゃんかあさんより)


今日はねいの里の職員でもあり、子供たちにここ数年関わっていただいたいるけんしん君と
虫を追いかける一日です。天気にも恵まれました。


実は森のお母さんたち、別に虫やオタマジャクシが好きなわけではないんです。

だからけんしん君がいてくれると、ほっとします。

ただの「ちょうちょ」ではなく、どの種類のちょうちょか

どんなふうにこの森で生息しているか教えてくれます。


葉の裏に、ギフチョウの卵。


この葉にしかつかないからお花摘みをするときには

気を付けてあげてねと教えてくれたのは、見守り隊のKさん。

こんな細いトンボ、捕まえたよ。


今年度のお月謝袋、みんなで消しゴムハンコを使って毎年作ります。


電車かな?お獅子かな?さあみんな乗って!


                           (Nくんかあさん)


着替えの必要から、メンバーのご自宅に集まりました。
まずは、古民家をリノベーションしたばかりの素敵なお家に感激!芸術の香り溢れる、センスが光るお家は、しつらえてある花々や小物も素敵で、着物よりも、建物探訪のような会になっておりました(笑)。
ほら、こんなドア、普通の住宅にあるなんて!


さて、お家の素晴らしさに興奮しつつ、着物です。それぞれが持ち寄った着物…訪問着、浴衣、大島紬などなど。シツケ糸がついたままのお着物も。いかに袖を通してないかよくわかります。
そして、紐が足りない、帯枕がない…などなど。事前の準備は万全に、ですね!!



気慣れてないので、汗だくです。

こびとさんたちも良い子にしていました。



さあ、とりあえず着たので、記念写真!!


撮影会の後は、時間のある人だけ残って、とても丁寧に作られたお昼ご飯をいただきました。プロの仕事!ものすごい美味しさでした!!


子育てでバタバタしつつも、こんな丁寧な暮らしをする心を忘れてはいけないなとしみじみ思った1日でした。
しかし着付けは慣れが肝心。何度も着なくては身に付かないということも痛感。また機会を作りたいです!
ご自宅を提供し、着付けの指導をしてくださったNさん、ありがとうございました!


4月8日の森は、ゆったりお散歩。

おやつは白玉団子、小さい子には蒸したニンジンです。


みんなお団子に大喜びで何度ももらいに行ってました。
お皿にした笹の葉を持って並ぶ小さい子たち。


炭焼き小屋を目指して出発する前には、ハンモックやブランコで遊んだり、


木材を割っている職員さんに幼虫を見せてもらったり。


炭焼き小屋でお味噌汁を作る間も、子どもたちは飛び回っています。
小屋の中の湿った静けさと、生命感溢れる外の賑やかさ。いいコントラストです。



絵本の時間は、イースターの人形劇と『すばらしいみんな』。



お人形に興味津々の子どもたちが一歩ずつ前に出始め、大賑わいに!


『すばらしいみんな』はルイ・アームストロングの名曲『ワット・ア・ワンダフル・ワールド』が絵本になったものです。歌の得意なお母さんが歌いながら読んでくれました。


芽吹きの季節は山菜の季節でもあります。
山に分け入るお母さん、藪ですす竹をとってきて火を通す子どもたちと、いつも以上にワイルドな森でした!

                         (Rちゃんかあさん)